年の瀬に聴くソフトでメロウなサイケデリック・ロック。

画像
今夜のBGM・・・ GANDALF / GANDALF

このジャケを素敵と見るかダサいと見るかは見方次第。わたしは60年代ぽくてよいと思います。アメリカン・メロウ・サイケの名盤、ガンダルフの69年発表ファースト。

オリジナル盤はすぐ店頭から消えて幻の作品と呼ばれ、メチャクチャ高値で取引されていたことでも有名です。それが今ではCDで気軽に聴くことができる。いい時代。

アメリカン・サイケといってもロッキー・エリクソンのようなイカレた感じではなく、音は繊細でキチンと作り込まれています。カート・ベッチャーのようなソフト・ロックに近い音かな、カヴァー曲も多いし。そういう意味では売るべくして売り出された、プロの手でちゃんとプロデュースされたバンドです。結果的に売れなかったけど。

深い霧の中からゆったりと立ち上がってくる幻想的な歌声、花の蜜を連想させるような甘く切ないメロディ。アメリカン・ロックの残した最も美しい音の形のひとつがここにあります。



GandalfGandalf
Gandalf

Sundazed Music Inc. 2002-06-18
売り上げランキング : 38342

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

呑まれてる蔵
2012年07月21日 18:59
はじめまして~

最近ブログ初めてリンクでここに来ましたが・・んん!?
いや、バンド名で検索してここに来たことありました(笑
 
あらためて見ましたが実に色んな音楽に精通していますね~~

自分も年代関係なくオールジャンルで色んな音楽聴いています。
また遊びに来ます~~^^
2012年07月24日 00:27
>呑まれてる蔵さん

どうも、はじめまして~!
色んな音楽に精通しているというより、節操がないだけなんです(汗)。広く、浅くですし。

また是非お寄り下さいね!!

この記事へのトラックバック