リンゴ・スター「RINGO」

70935818_2420190631429886_7702341641360637952_n.jpg
休日はアナログレコード。

今日はリンゴ・スターの1973年発表のソロ・アルバム「リンゴ」を聴いています。

10代の頃はヘッタクソなドラムだなあと思っていましたが、それは私の耳がまだ幼かったからで、今ではメチャンコ上手いドラマーだと思っています。

すっとぼけたヴォーカルも味わい深い。

しかし彼が一番優れているのはその「人望」だ。

ジョンもポールもそれぞれ別の曲で参加してるし、ジョージは大活躍。
(3人はそれぞれ楽曲も提供している。)

他にもザ・バンドはいるわ、マーク・ボランはいるわ、二ルソン、ランディ・ニューマン、ニッキー・ホプキンス、ボビー・キーズ、スティーヴ・クロッパー、ビリー・プレストン、ジム・ケルトナー、ジャック・ニッチェなど、

錚々たるメンバーがみな大好きなリンゴのために全力で盛り立てているのだ。

そんな彼らが全員描かれたジャケットも楽しい。

本当に憎めないいいヤツなんだろうなあ。

https://youtu.be/_YYDHivrGKk




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント