パフューム新作と中田ヤスタカの構造革命。

画像
今夜のBGM・・・ Perfume / トライアングル

アゲアゲ度
★★★★
切ない度
★★★★
前作超え度
★★★★★
あーちゃんやせた度
★★★

仕事が忙しい上に暑くてダルくて更新がままならんです。このパフューム新作も発売日前日に買って聴き込んでたけど記事は今日までズレ込んでしまいました。本当はDVD付の初回盤を買ったのですが、ジャケがあまりに色気ないので通常盤の方のジャケをのっけてます。


さすがにもう新鮮味はない。収録曲の半分くらいはなんやかんやで既出曲だから。なんせこちとらシングルも全部買ってるのだ(笑)。それでもやっぱり1曲1曲のクオリティは前作並みか前作以上。アルバムトータルの完成度としては明らかに前作超えてる。

イントロダクションの①から続く怒涛の攻撃・・・②シングル「LOVE THE WORLD」、③シングル「DREAM FIGHTER」、④ライヴでがぜん盛り上がる(行ったことないけど)完全フロア仕様のアゲアゲ曲「EDGE」のアルバムMIX、⑤「ピノ」のCM曲「NIGHT FLIGHT」・・・と続く前半からテンション高い。

⑥からペースが落ち着いて完全新曲が続く。中でもアルバムのリード曲で究極に切ない王道アイドル歌謡の⑧「I still love U」が光ってる。曲だけじゃなくて作詞家としての中田ヤスタカの才能も思い知る。秋元康?ラストは⑪「ワンルーム・ディスコ」と⑫「願い」(アルバム・ヴァージョン)で締めくくる。にしてもいい曲ばっかで流れも完璧。前作から続くPerfume&中田の絶好調ぶりと抜かりのない仕事ぶりに改めて舌を巻く。


当然のように売れている・・・個人的にはもっと売れてもいいと思ってるけど。それにしてもこれで中田氏の元に入るであろうありあまる富のことを考えると遠い目になる(笑)。

なんせ、昔はレコード1枚出すためにはレコード会社と契約しないとスタジオ使えないのでレコードが作れなかったわけです。だから契約上レコード会社が優位な条件を渋々飲んだり。なにも知らない若いミュージシャンを詐欺同然の契約内容で搾取したり。まあミュージシャン側の不勉強もあるのですが。とにかく昔からレコード会社との契約トラブルってのは音楽業界では日常茶飯事。で、いざレコード作るとなるとスタジオを長期間押さえて大勢のミュージシャン雇って莫大なお金をかけて宣伝して、それなりに売れても残るお金はわずかだったり赤字だったり・・・。

そんなレコード会社から受ける制約が嫌で、それを全部自分でやろうと思うと、大滝詠一氏のように膨大な借金抱えて自分でスタジオ作って機材を揃えて、レーベル立ち上げて宣伝も自分でやるしかなかった。

それが、中田氏はミュージシャン雇わなくてもPC1台で音作りもミックスも自由自在。レコーディングはワンルーム・マンションの一室のようなプライヴェート・スタジオで。そこには機材らしい機材はほとんどなくて、ヴォーカル録り用の狭いブースとPCが1台置いてあるだけという。経費ぜんぜんかからないのに作詞も作曲もプロデュースも兼任だから、一体どれだけの金額が中田氏の元に入ってくるんだ・・・。

それに、中田氏はメジャーでやってるけど、今は宣伝だってネットから発信できるし、シングルだって公式ホームページから配信しちゃうからいいもんね、やりたいようにやらせてくれないならお金のあるエイ○ックスか、自由にできるインディーズに移籍しちゃうよ、なんてミュージシャン側がずいぶん強気な姿勢に出れるようになった。レコード会社の体力はどんどん弱体化してCDも売れなくなった。今までやりたい放題やってきた自業自得ではあるんだけど、いい悪いは別にしてとにかく音楽業界は今あきらかに過渡期。

そんな時代の象徴的存在であるのがやっぱり中田ヤスタカという人で、彼が今やってるのは音楽的に目新しいとかそういう表層的な事だけじゃなくって、音楽業界の構造自体をひっくり返すような大きな革命なんだと思う。


トライアングル(初回限定盤)トライアングル(初回限定盤)
Perfume

徳間ジャパンコミュニケーションズ 2009-07-08
売り上げランキング : 18
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


トライアングル(通常盤)トライアングル(通常盤)
Perfume

徳間ジャパンコミュニケーションズ 2009-07-08
売り上げランキング : 8
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


"パフューム新作と中田ヤスタカの構造革命。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント