テーマ:ブライアン・イーノ

フリップ&イーノ「NO PUSSYFOOTING」

英ロック・ディープ・ジャケット・シリーズ。 フリップ&イーノの「NO PUSSYFOOTING」。 いーいジャケだなあ・・・(ため息)。 音の方はイーノ流のアンビエント・ミュージックをキャンバスにして、フリップのギターが自由に絵を描いている印象。 https://youtu.be/ZwHH7XECJLg …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フリップ&イーノによるロックな爪跡を残すアンビエント・ミュージック。

今夜のBGM・・・ FRIPP & ENO / NO PUSSYFOOTING 何も聴きたくない時に聴く音楽。 ・・・だったら聴かなきゃいいじゃん!とツッコミを入れたあなた!お、おっしゃるとおりですが、そういうわけにもいかんのですよ。例えば川のせせらぎでも、街の喧騒でもいいから、なんか音が鳴ってないと落ち着かない。無…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ブライアン・イーノの空港音楽は、セントレアには似合わない。

今夜のBGM・・・ BRIAN ENO / AMBIENT 1 MUSIC FOR AIRPORTS わたしが時々購入する雑誌「ストレンジ・デイズ」の、今月号の特集がブライアン・イーノでした。 このブライアン・イーノ、ロキシー・ミュージックのオリジナル・メンバーでしたが、「バンドに2人のブライアンは要らない」という理不尽…
トラックバック:1
コメント:9

続きを読むread more